Category:結婚式の豆知識

紙婚式♪

紙婚式ってご存知ですか?
結婚式して1周年を紙婚式といいます



先日1年記念日にランチをご予約いただいたお2人にサプライズで紙婚式を行いました

紙にちなんでお二人で来年の記念日にあけるお手紙をかいていただいてチャペルにご案内し
スタッフで準備しておいたBoxにお手紙の封じ込めをしていただきました

式の時にお手伝いさせていただいたキャプテン、司会者、プランナーなどたくさんのスタッフで
フラワーシャワーも行いとっても喜んで帰っていかれました

お帰りの際には
来年の今日予約おねがいしますと笑顔で帰って行かれました




1年前の結婚式当日





当時を振り返りながら

あーーーここで緊張したなぁ

などお話が沢山聞けれました






スタッフも懐かしい気持ちになりながら思わず泣いていました

結婚式だけではなく家族になったおふたりともずーっと繋がっていれる
そんな式場であり続けたいです


当日だけの関係ではなくその先もずっとお近くに感じていただけれる存在をめざして
これからもスタッフ一同weddingに携わっていきます

本当におめでとうございました

バージンロードの秘密♡

みなさんこんにちは(^^)/

本日はバージンロードについてご紹介します

 

バージンロードの意味、とっても素敵なんですよ

バージンロードを歩くときは一歩ずつ歩きますよね。

バージンロードを歩く“一歩ずつ”は、「花嫁が生まれた日」から「今日までの道のり」を表しているんです。

 

 

ラヴィール岡山のバージンロードにはたくさんのお花が敷き詰まっています

昔、“教会の中には幸せな新郎新婦を妬んで、悪魔が寄ってくる”という言い伝えがありました。

人々は魔除けのため、悪魔の嫌いな花の香りを撒くためにフラワーシャワーを行ったのです。

ラヴィール岡山のバージンロードも、“お二人を災いから守る”という意味が込められています

 

そんなお花いっぱいのバージンロードでは、こんなロマンチックな写真も撮れるんですよ

 

 

 

ガラスのバージンロードを活かしたショットも素敵ですよね

前撮りをご希望の際はお気軽にご相談くださいませ!

 

 

【お問い合わせはこちら】

086-231-1101

バージンロードの素敵な秘密♡

みなさんこんにちは(^^)/

 

8月も終わりを迎えようとしておりますが、いかがお過ごしですか?

今回は『バージンロード』についてお話させていただきます

 

 

バージンロードにはとっても素敵な意味が込められています

 

ご新婦様がバージンロードを“一歩一歩”進んでいきますが、

実は“自分が生まれた日”から、“今日までの道のり”を表しているんです

「花嫁の人生」を大切なゲストの間を歩きながら振り返ります。

 

今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行う「ベールダウン」

この儀式は、親御様からの“最後の身支度を整える”という意味が込められています

 

そして、いよいよバージンロードを歩きます。

 

生まれた日、幼稚園の運動会、ピアノの発表会・・・今ままでの思い出を一歩ずつ思い出していただきます。

そして、ご新郎様にバトンタッチを行います

そこには、「これからは頼みます、私たちに代わって幸せにしてあげてください」という意味が。

 

 

バージンロードを歩き終わると、お二人で祭壇に上がり、永遠の愛を誓います

以上が、バージンロードの意味合いです

 

ひとつひとつの儀式に意味を感じながら、思い出に残る挙式になりますように。

 

 

ラヴィール岡山のバージンロードには、ガラスの下にたくさんのお花が敷き詰まっています

是非ブライダルフェアでチェックしてください!

 

 

あなたは誰と一緒に歩きたいですか?

 

 

【お問合せはこちら】

086-231-1101

3段ウェディングケーキの秘密

みなさんこんにちは(^^)/

 

本日はウェディングケーキのご紹介をいたします

 

結婚式で出てくるケーキといえば、大きな3段ケーキをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

でも何故、3段ケーキが主流なのでしょうか

 

 

3段ケーキが始まったのは18世紀のイギリス、ヴィクトリア女王の娘の結婚式と言われています

 

1段目は当日来てくれたゲストへ配るケーキ

2段目は当日来られなかったゲストへ配るケーキ

3段目は新郎新婦様が1年後の結婚記念日に食べるケーキ

 

という風にそれぞれにちゃんと意味があるんです

 

 

ウェディングケーキを1年後に食べるなんて、今では考えられませんが、

当時イギリスでは「シュガーケーキ」というものを使用していました

 

シュガーケーキはフルーツケーキに砂糖やシュガーペーストをかぶせて作っていて、

きちんと保存すれば100年は保存することができたそうです

 

 

ウェディングケーキは“幸せの象徴”

まさにお二人からの幸せのお裾分けですね

 

ウェディングケーキをはじめ、結婚式には深い意味があります。

その意味を一つ一つ理解することで、より結婚式が感慨深いものになるのではないでしょうか

 

ラヴィール岡山では、そんなウェディングケーキを一からパティシエと一緒に考えていきます!

世界に1つだけの素敵なケーキをゲストに振舞いましょう

 

【お問い合わせはこちら】

086-231-1101

 

 

 

 

 

 

 

ウェディングケーキの秘密♡

みなさんこんにちは(^^)/

 

本日はみんな大好きウェディングケーキについてお話しします

 

ウェディングケーキを考えるのってとってもわくわくしますよね

そんなウェディングケーキですが、結婚式では定番の演出になっています

 

実は、“美味しいから”ではなくてとっても深い意味があるんです

 

ウェディングケーキは18世紀後半に登場したと言われており歴史が長いのです

イギリスではシュガーケーキが主流でした

 

ヴィクトリア女王の第一王女の結婚式で用意されたケーキが3段だったことから

ウェディングケーキは今も3段ケーキのイメージが強く残っています

 

3段ケーキは下から1段、2段、3段と数えるのですが、

1段目はゲストと一緒に食べる

2段目は参列できなかった方々に配るケーキ

3段目はお二人が1年記念日に食べるケーキ

という意味が込められています

シュガーケーキはラム酒漬けのフルーツを入れた生地をシュガーペーストで覆ったもので、

湿気を防ぎ保存すると、なんと100年以上持っていたそうです

 

ウェディングケーキを始め、結婚式で使われるアイテムや演出には

生立ちや深い意味が込められているのです

みなさんも想いが込められた歴史を理解して準備を進めていくことで

より結婚式が大切なものになるのではないでしょうか

 


 

ラヴィール岡山は明日もブライダルフェアを行っております!

みなさんのお越しを心よりお待ち申し上げます

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101

 

紫陽花

みなさんこんにちは(^^)/

 

6月のお花と言えばみなさん思い浮かべるのはなんですか?

ブーケやコーディネートに紫陽花を使いたい!と思われている花嫁様も多いはず

 

紫陽花は100種以上の種類や品種があるので、

どんなカラーにするかワクワクしちゃいますよね

関連画像

本日は、6月のお花紫陽花についてご紹介いたします

 

紫陽花の花言葉は「乙女の愛」「辛抱強い愛」という意味があります

また、色によっても花言葉が変わるのでおふたりらしいコーディネートを楽しんでください

 

紫陽花×カスミソウ、紫陽花×バラ など、どんなお花にも合う紫陽花

是非みなさんも季節のお花を使ってコーディネートしてみてくださいね

 

 

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101

雨の日の結婚式は縁起がいいって本当?

みなさんこんにちは(^^)/

 

6月に入りまして、本格的に梅雨の時期でございますが

みなさんの結婚式がもしも雨だったらどう思われますか?

 

 

もちろん雨の結婚式もあります

そんな雨の日にまつわる素敵な言い伝えをみなさんはご存じですか?

 

関連画像

 

フランスでは「Mariage pluvieux mariage heureux !」という言葉があり、

“雨の日の結婚式は幸運をもたらす”という意味なんです

 

また、ヨーロッパでは

「神様がこれから新郎新婦の流す涙を一生分流してくれる」とも言われています

 

今後幸せがすーっと続くなら、結婚式が雨でもなんてことはないですよね

これからの幸せのために神様が雨を降らせてくれている思うと

ポジティブな気分で結婚式の準備ができそうですよね

 

結婚式は雨が振ると良い言い伝えがたくさんです!

雨でも楽しい一日を過ごしましょう

 

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101

JuneBride♥

みなさんこんにちは(^^)/

6月がスタートいたしました

 

6月と言えば「June Bride」という言葉があります

「June Bride」とはヨーロッパの言い伝えで、

“6月に結婚式をする花嫁は幸せになれる”というものです

 

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、

結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、

この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています

 

 

日本ではちょうど梅雨の時期と重なってしまいますが、

こーんな素敵な言い伝えがあれば何だかHAPPYになりますよね

 

6月のプレ花嫁の皆さん、お式まであと少し!

DIYや打合せのラストスパート頑張りましょう

 

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101

 

 

 

 

 

6月の雨の意味

みなさんこんにちは(^^)/

 

梅雨に入りましたね

降ったり止んだり、晴れの日もあったり… なかなかお天気が安定しません

 

湿気もあるし雨が苦手!という方も少なくはないのでは?

実はこの雨、ハワイでは“神様からの祝福”と言われているんです

 

ハワイアンにとって雨は喜ばしいことで、「恵の雨」とも呼ばれています

雨が降った後に大きな虹が出たときは、祝福の光としてさらにお祝いムードが高まるそうです

 

 

ハワイの言葉に「no rain no rainbow」というものがあり、

これには「雨が降らなければ虹も出ない」という意味があります

 

6月のJune brideの結婚式、もし雨が降ってしまっても

こんな風にプラスに考えていきたいですね

 

 

ラヴィール岡山では明日もブライダルフェアを行っております!

みなさんのお越しを心よりお待ち申し上げます

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101

 

 

 

 

 

 

神前式

みなさんこんにちは(^_^)/

本日は神前式についてご紹介いたします

神前式とは主に和装を着て行う結婚式のことをいいます

最近では、白無垢を着たい!というご新婦様も増えてきており、

神前式を選ぶお二人も増えてきています

 

ここで神前式の流れをご説明いたします

  1. 修祓の儀・・・・・・・・神事を行う前に身を清めるお祓いをします
  2. 斎主一拝・・・・・・・・式を始めますと神様にご挨拶します
  3. 斎主祝詞を奏す・・・・・結婚報告と神々の加護を願い祝詞を読み上げます
  4. 誓盃の儀・・・・・・・・三献の儀とも呼ぶ結婚を誓う杯事を行います
  5. 指輪の儀・・・・・・・・指輪交換のこと
  6. 新郎新婦誓いの詞を奏す・神前に向かい誓いの言葉を読み上げます
  7. 新郎新婦玉串を奉り拝礼・玉串を神前にお供えします
  8. 家族杯の儀・・・・・・・神様のパワーが宿ったお神酒で乾杯します
  9. 斎主一杯・・・・・・・・式が終わりましたと神様にご挨拶します
  10. 斎主退下・・・・・・・・神主の退場になります
  11. 新郎新婦、列席者退場・・先に新郎新婦が退場し、巫女の案内の元ご列席者のご退場です

 

 

ラヴィール岡山では神殿がございますので、本格的な神前式はもちろん

人前神前式で型にはまらないお二人らしいお式も可能です

誓いの儀式のカタチはひとつではないので、

おふたりの理想のお式を一緒につくり上げましょう

 

ラヴィール岡山では明日もブライダルフェアを行っております

みなさんのお越しを心よりお待ち申し上げます

 

【お問合わせはこちら】

086-231-1101